就職について、高卒者の方へのアドバイス

高卒者の雇用状況

 日本人の学生が高校卒業し、その後の進学率が年々上昇しています。大学や短大、専門学校などを入れると約80%が進学しています。つまり8割以上が高卒以上の学歴を持つ可能性があります。また、企業の経営状況も一部の企業を除けば今もまだ大変厳しい状況であることは変わりありません。男子高校生に人気の製造業では、今年も求人は大幅に減少しています。

高卒者の就職先の見つけ方

 しかしながら、高卒者の内定者は前年よりも増えています。宮城県や福島県、岩手県などの復興地域における需要があり前年を上回る就職率となったようです。

高卒者の方への就職のアドバイス

 復興支援地域だけに限らず、まだまだ求人に関しては十分な需要があります。人手が足りずに困っている業界があるからです。介護や看護の現場では、40代50代の人たちががんばって働いていますが、そこには若い人の力を必要としています。きつい、安い、しんどいなどの大変な業界ではありますが、人生の先輩のお世話をすると思って、その道のプロフェッショナルになって欲しいと思います。介護や看護の現場はまだまだ改善する必要があります。その他、IT業界はまだまだこれからも伸びる業界です。学歴や生まれた環境、年収資産など全く関係なく自分のアイデアを形にする事ができれば、多くの富を得ることのできる業界です。今までの常識が全く通じないほど進化の流れが早い業界です。海外では日本と違って多くのIT企業や個人が莫大な財産を築いています。興味のある方は、コンピューターのプログラミング言語なども勉強されるといいと思います。そして、最後に資格を取る事です。学歴に関係なくその道のプロとして活躍できる方法が、資格取得です。資格を取っているのと取っていないのとでは、相手からや会社からの味方が異なってきます。自分がどの分野に進みたいかによって変わりますが、必要な資格を勉強し1年でも早く取っておかれる事をお勧めします。そして、その資格を十分活かした仕事につき、自分の活躍の場を広げて下さい。


PR
高卒者の転職の悩み解決
高卒の転職者へのアドバイス

高卒の就職に役立つ情報
高卒から就職を希望する方へ

http://xn--eck7a4ccl80a138xsw0c.com/
ニートの就職に最適な方法とは

最新記事